スノボツアーを快適にする持ち物

スノボツアーでは夜に出発するバスを利用する機会もありますね。

車内で過ごすようにできるだけ楽な恰好を選ぶと良いです。長距離バスの旅という一面もあるので、狭い車内でもできるだけくつろいで休むために窮屈なジーパンなどはやめておきましょう。
車内は意外なほど厚いこともあるので、脱いでもいいように中には薄手のシャツ、休憩時間に外へ出ることを考えて暖かいアウターを用意すると良いです。

読売新聞のことなら、こちらをご参考にしてください。

長時間座っていることや眠ることも考えて首や腰に当てるクッション、アイマスクがあると快適です。

多角的な視点からスノボ旅行情報が絶対見つかります。

スノボツアーではいかにバスの中で快適に過ごすかも大切です。

バスの中でくつろげないとようやくゲレンデに着いたと思ったら、それだけで疲れた、眠い、だるくて楽しめないという事態になりかねません。

ウェアやゴーグル、グローブなどスノボで使うグッズの他に着替えや女性ならコスメ用品と荷物が増えて大変ですが、用意周到にしておいた方が安心です。

ボードやブーツ、ウェア、小物類はレンタルできるスキー場が多いので、道具はレンタルに任せても良いかもしれません。

パック料金に追加できる場合もあります。



もちろん夜出発のスノボツアーは、朝から長い時間楽しめる、渋滞に巻き込まれる心配がないメリットがあります。

朝発の場合は体調管理はしやすいですが、到着までに渋滞して遅れたり順調に行っても昼近くになります。


一長一短なのでゲレンデまでの距離や価格と相談して決めましょう。